からだリフレ
全国の整体・接骨・整骨の施設を
検索・予約できる情報サイト「からだリフレ」

指圧について

頭のつぼの指圧を受ける女性

意外に新しい指圧の歴史

指圧の始まりは、はっきりしない部分もありますが、奈良時代に中国から入ってきたあん摩の中の圧迫術と、日本古来の柔道整復術の活法がそのルーツと言われています。その他の民間療法とも交わって影響をうける中で、大正から昭和にかけて現在の指圧術の原型ができたという説が有力です。指圧と言う言葉ができたのもこの頃であると言われています。
法律で指圧師が認められたのはさらに遅く、昭和30年になってからでした。 少し年齢の高い方には「指圧の心は母心」というCMのセリフが知られていますが、この言葉を語った浪越徳治郎が昭和15年に設立した指圧学校によって、治療方法が体系化され確立し、その後、多くの施術家や研究者によって、昭和の時代に急速に発展を遂げました。
平成の現在では「SHIATSU」という名前で、アメリカやカナダなど英語圏でも通用する施術となりつつあるようです。

経穴(つぼ)を垂直に、様々な力で加圧する

多くの手技の中で、ピンポイントを押す技術だけが独自の発展をするというのは、指圧がそれだけ多くの人の心身を癒してきたということなのでしょう。
経穴への指圧がなぜ効くのか、西洋医学で科学的な証明はされていませんが、実際に指圧は、海外にも広がるほど人気のある施術であり、非常に多くの改善効果が伝えられています。一例として、肩こり・腰痛・頭痛・不眠症・食欲不振・更年期の悩みなど、さらには胆石や不妊症まで、効果が期待されています。
なぜこれだけ多くの疾患に適応するのでしょうか。現代の指圧は経穴(つぼ)や経絡(けいらく)を加圧することで、つぼのある部位だけでなく、影響(反射とも言います)する臓器や器官の状態を改善するのが目的なので、経穴の数だけ多くの疾患に効果が見込まれるというわけです。自分の体で効果を実感した利用者がいるからこそ、指圧術は多くの人に求められ、発展してきたと言えましょう。
また、指圧では施術時の反応を重視していますので、道具は使わず手指だけで加圧します。同じつぼを同じくらいの力と方法で押す時に、ある日は痛かったのに別の日は気持ちがいいということがあります。そういう感覚を施術者に伝えることで、弱っている部分や凝っている部分をより的確に見つけ、処置をすることができます。あまり状態が良くないと判断すると、良心的な指圧師は病院へ行って検査や診療を受けることを勧めてくれます。

圧迫に耐えられない体調の時は控える

マッサージやあん摩のように、血流を促進して痛みや拘縮を緩和するという効果と異なり、指圧は経穴を押すことで自律神経や末梢神経を調整する側面が強い施術です。その施術の性格から、マッサージやあん摩ほど多くはないものの、保険適用ができる場合があります。施術により患部への直接の効果が認められるかどうか、担当医に相談してみるのが良いでしょう。
1回の治療費は1分あたり100円を目安に、30分~60分程度の施術となる場合が多いようです。
なお、指圧は圧迫による力がかかる施術ですので、骨粗しょう症など骨の弱っている方、血管がもろく内出血のしやすい方、関節の変形や靭帯の断裂している部分、骨折や脱臼をしている部分については、施術を控えるか、医師の許可を得る必要があります。また、妊娠している時は、治療を避けるべきつぼがあります。妊娠の可能性がある時は、施術の際に必ず伝えておきましょう。

からだリフレおすすめ治療院・店舗のご紹介!