からだリフレ
全国の整体・接骨・整骨の施設を
検索・予約できる情報サイト「からだリフレ」

鍼(はり)について

顔の鍼治療を受ける女性

古代中国から伝来し、江戸時代に発展

「鍼灸(しんきゅう、またははりきゅう)」とまとめて言われることが多いですが、それぞれ独立した治療法です。鍼治療の元祖は、2世紀から3世紀に始まった記録があるようです。その後、灸や生薬治療など中国古来の伝統医療と併せて発達し、漢の時代に集大成された漢方医学の一分野とされました。
日本に渡ったのは6世紀以降、遣唐使や遣隋使によってもたらされたと言われていますが、はっきりしていません。10世紀ごろの医学書「医心方」に鍼治療の記録があり、その後、江戸時代の鍼師によって日本独自の発展を遂げたことが、現在の国内での鍼治療の原型となったとされています。
国家試験を必要とする公的資格として制度が始まったのは、昭和22年になってからのことでした。

長さ・太さの異なる鍼を使い分ける

鍼を刺すポイントは、痛みのある患部だけとは限りません。患部に効く経穴(つぼ)や、全身状態を改善するつぼにも刺すので、思った以上に広範囲の施術になることもしばしばあります。 治療に使われる鍼は、長さは1㎝から10㎝くらいまで、太さは0.1㎜から0.3㎜くらいまであるようです。太い鍼ほど刺激が強いため、筋肉が多く皮膚が厚い男性の体に向いており、細い鍼は女性や子供の治療に使われる場合が多くなります。
鍼の刺し方にもいろいろな方法があります。例えば、手早く一気に刺すのは刺激が強く、時間をかけてゆっくりと刺すのは刺激の少ないやさしい刺し方になります。
長い鍼で身体の深い所にある神経に刺激を与えたり、短い鍼で皮膚の表面近くの経穴(つぼ)を刺激するなど、治療の目的に応じていろいろな鍼や刺し方を使い分けます。
また、刺した鍼に電気を通す「電気鍼」と呼ばれる治療があります。比較的強い刺激がありながら、刺激のコントロールがしやすいため、症状の重い場合に使われることが多いようです。

神経にかかわる疾患に、強い味方

東洋の伝統医療と言う成り立ちから、従来は非科学的な治療と見られがちだった鍼治療ですが、大学病院に専門の窓口や研究機関ができるなど、西洋医学との連携も見られるようになりました。WHO(世界保健機構)でも、頭痛や顔面神経麻痺、自律神経失調、喘息や胃炎、神経痛や関節炎、婦人科疾患など40種類もの症状に有効性があると認めているそうです。
長年、病院で治療をしているのになかなか痛みが取れないと感じていたら、鍼治療を検討してみるのも良いかもしれません。
さらに近年は、辛い疾患の改善効果だけでなく、食欲に影響のあるつぼに打ってダイエットに、顔のつぼに打って美肌やアンチエイジングにと、美容の分野にも取り入れられるようになりました。鍼治療は心身の疲労回復にも効果があるとされていますので、いつも元気にきれいでいたい女性には、強い味方になりそうです。

長引く痛みには保険適用の場合も

適用される範囲は狭いものの、鍼治療にも保険適用が可能です。
神経痛や腰痛などで痛みの強い時や、頚腕や頸椎に痛みがあるものなどで、医師の同意がある場合に限ります。病院で治療しているのに回復の思わしくないスポーツ傷害や、交通事故で受けたむちうち症などの後遺症の場合、鍼治療を検討してみるもの良いでしょう。医師の同意書は、治療を受けようとする鍼灸院に用意されています。
保険診療について医師の同意が得られない場合や、厚生労働省が指定する疾患以外(美容や疲労回復目的など)は、自由診療となります。初診料はやや高めで1,000~3,000円程度、治療費は1回3,000~5,000円程度が平均的な治療費のようです。

からだリフレおすすめ治療院・店舗のご紹介!