からだリフレ
全国の整体・接骨・整骨の施設を
検索・予約できる情報サイト「からだリフレ」
からだリフレ»  マッサージ・手技療法の種類と施術内容»  接骨・整骨・柔道整復について

接骨・整骨・柔道整復について

足の柔道整復術を受ける女性

武道が源流。日本古来の伝統医療

柔道整復術は「ほねつぎ」の別名で知られている、日本古来の伝統医療です。源流は戦国時代の武道場と言われています。武道では、厳しい稽古のために打撲や骨折などのケガをしてしまうことがありました。その回復のために、道場主たちが経験と知恵で身に着けてきた手技療法が柔道整復術の始まりで、武芸の発達した江戸時代に、その知恵や技術が体系化されました。
明治維新後、西洋化を進める当時の政府によって一度は廃止されましたが、大正になって柔道整復術は改めて公認され、昭和45年に柔道整復師法が成立しました。
ほねつぎの別名以外に、接骨・整骨などの名称がついていることが多いようです。

打撲や捻挫などスポーツ分野に強い

打撲や捻挫、脱臼や骨折などは、医師でなくても治療を行う資格があるのが柔道整復師の国家資格です。 武術で傷ついた体を早く回復させるための手技がそもそもの成り立ちですから、現代でも武道やスポーツの分野で多くの柔道整復術が利用されています。国家資格取得には解剖学や運動学、生理学の知識も必要とされるため、ケガや後遺症に悩むスポーツ選手のアドバイザーとして、またスポーツ団体の専属トレーナーとして活躍している施術師もいます。
「柔道」と言う名前がついていますが、資格取得の際に柔道経験は必要ありませんので、施術師は細腕の女性という場合もあります。スポーツ分野での発展や女性施術師の進出により、最近の接骨院は武道や柔道の強そうなイメージとは異なることも増えているようです。

手術や薬に頼らず、自然治癒に導く手技

主に武道や格闘技のテレビ番組や動画などで、脱臼した関節をはめ直している応急治療の場面を見ることがあります。
これも柔道整復の技術のひとつで、ずれた骨や関節、筋肉などを元の位置に戻すという「整復法」の手技になります。その後、回復を図るためにズレないようにする「固定法」、回復を早めるための「後療法」これら3つの方法で、治癒に導くのが柔道整復術の基本です。固定することによって筋力が落ちたり、麻痺や血行不良が起きるのを防ぎながら、回復が早まるように治療を進めます。
湿布以外の薬や注射は使いません。手術をすることもありませんので、休むと生活に差支えがあるスポーツ選手やダンサーのような職業の方、大会を控えて練習を減らしたくないアマチュア選手にとって、なくてはならない存在でもあります。日常生活を続けながら身体の回復を図っていくので、忙しくて仕事を休めない方や、病院の雰囲気が苦手な方にも向いている治療院であると言えそうです。

リハビリや交通事故後の悩みも

柔道整復師の国家資格は、打撲や捻挫については医師の同意なく治療ができることになっています。そのため、交通事故や運動中の事故の治療など、健康保険だけでなく、自賠責保険、損害保険や、スポーツ傷害保険なども適用可能です。
骨折や脱臼については、緊急の場合を除いて医師の同意が必要になります。後遺症やリハビリが長引いてしまい、病院よりも通いやすい近所の整骨院に転院されるケースなどは、保険適用となる場合が多いようです。
ただし、捻挫や打撲を伴わない腰痛や筋肉痛、また疲労回復目的の治療では、健康保険の適用はできませんので、自由診療となります。
手技だけを用いた施術以外にも温熱法や運動補助器具を使うなど、治療院によっていろいろな施術があります。1回の費用は3,000円程度から1万円を越えるなど幅があります。治療を受ける際は、診療メニューごとの費用をあらかじめ確認しておくと、予算が立てやすいでしょう。

からだリフレおすすめ治療院・店舗のご紹介!