からだリフレ
全国の整体・接骨・整骨の施設を
検索・予約できる情報サイト「からだリフレ」
からだリフレ»  マッサージ・手技療法の種類と施術内容»  タイ古式マッサージについて

タイ古式マッサージについて

タイ古式マッサージを受ける女性

仏教国タイで広まった「施し」の術

タイはマッサージの盛んな国で、古来から現代まで、様々な種類のマッサージが行われています。タイ「古式」と名がつくのは、タイ国に入って二千五百年とも言われている伝統手法によるマッサージを指します。ブッダの主治医によってインドからもたらされ、寺院の中で発展し、体の不調に苦しむ人々への施しとして施術され、広まったと考えられています。 インド起源のアーユルヴェーダの影響と、中国起源の経絡の考え方が、タイの伝統文化をベースに交わって、やがて独自のスタイルに発展したようです。
その後、アユタヤ王朝の頃に系統化され、さらに17世紀になると、時の王ラーマ3世の命令で、タイマッサージの知識や手法が、ワット・ポー寺院の壁画に記録されました。
1957年にはワット・ポーにタイ伝統医学校が設立され、ここで学んだ人たちに対して、タイ国保健衛生省が免許を発行するようになりました。

脚を重点的にマッサージ&ストレッチ

タイの伝統医学では、人間の体内には「セン」と呼ばれるエネルギーの道があるとされています。センは足から始まっているラインが多くあることから、タイ古式マッサージでは足を重点とした施術が行われます。
基本的なスタイルとして、まず足を温浴などで温め、次にセンに沿ってマッサージを行い、さらにストレッチへと進んでいくという流れで行われ、十分に体が柔らかくなってから矯正を行うという手順になります。
この時行われるストレッチが、施術者によって足を持ち上げられたり、背中をそらせる姿勢になったりと大きな動きをするため、タイ古式マッサージは別名を「ふたりヨガ」とも言われています。

寝ながらにして運動後のような爽快感

タイ古式マッサージは、ウォーミングアップからストレッチまですべての動作を、施術者の手に委ねて行うため、受けている方はほとんどの時間を寝転がっているだけです。まったくの受け身の相手に対して、運動後のような体の軽さや爽快感に導くことが施術の目標となります。
最近ちょっと運動不足だと感じている方や、体力に自信はあるものの疲れ気味という方、同じ姿勢を長時間とりがちな仕事をしている方で、頭痛・腰痛・肩こり・不眠・便秘などのストレス症状に悩んでいる方には向いている施術と言えるでしょう。
反面、運動を控えるように医師から指示されている方には、避けた方が良い施術とも言えます。具体的には、骨折などの大きなケガの経験部位、がん、循環器疾患、伝染病などの方は禁忌となっています。

時間をかけてじっくりとケアする

十分なウォームアップをした後でないと、タイ古式マッサージの特色であるストレッチ施術に至ることができません。施術後は運動後と同じような脱力した感覚になるため、少し休んで退出した方が良いとコース外の時間にティーサービスなどを実施する治療院もあります。時間的な余裕は十分に見ていく必要があります。
一般的にタイ古式マッサージのコースでは、短くても40分以上、2時間を越えるコース設定が用意されていることもしばしばあります。
時間が長くかかる分、費用はやや高めになり、シンプルなマッサージ施術より1割ほど高くなることが多いようです。

からだリフレおすすめ治療院・店舗のご紹介!