からだリフレ
全国の整体・接骨・整骨の施設を
検索・予約できる情報サイト「からだリフレ」
からだリフレ»  マッサージ・手技療法の種類と施術内容»  アロママッサージについて

アロママッサージについて

背中のアロママッサージを受ける女性

香りの精油で心身をトリートメント

アロマテラピーとは、植物や動物から採取した香り高い精油(エッセンシャルオイル)を使って、心身の調整をはかっていく健康法全般を指します。中でも、施術者の手によって、精油入りのボディオイルを塗り伸ばしながら、リラクゼーションに導く方法が、アロマトリートメント、またはアロママッサージと呼ばれます。
広い意味でのアロマトリートメントは、紀元前の頃から世界中で、薬と同様の効果があるものとして、病気やけがの治療に使われてきました。
患部に直接塗るほか、胸元など広い部分に塗り伸ばして、揮発成分を鼻から吸入する方法もあり、こうした利用方法がマッサージの手技に似ていることから、アロママッサージと呼ばれることになったようです。

目的と好みによって香りを使い分ける

アロマトリートメントは、香りを発する有効成分であるエッセンシャルオイルと、体に塗り広げるためのキャリアオイルの2種類の油脂を調合して使用します。
精油は非常に多くの種類があり、アロマトリートメントでは30~40種類ほどが使われます。
また、香りの系統は、フローラル系・スパイス系・樹木樹脂系・オリエンタル系・柑橘系・ハーブ系の6系統に分かれます。
目的としては、主に4つに分類されます。
1.気持ちをリラックスさせる 
2.逆に緊張させ集中に導く 
3.皮膚の保湿など美容目的で好まれる
4.抗菌効果が強く吸入目的で使われる
これらの目的と、利用する人の好みや体質、体調によって、多くの精油から最適なものを選び、キャリアオイルに混ぜて塗布します

敏感肌なら無香料トリートメントも

精油は、原料の成分が凝縮された油です。5mlほどの小さなひと瓶が数千円~数万円するほど高価なものです。効果のある成分が濃縮されており、そのまま使うのは体にとって刺激が強すぎます。そのため、体に塗布する時は、キャリアオイルと言う刺激が少なく香りの薄いオイルに、精油を数滴垂らして使います。
キャリアオイルにもいくつかの種類があり、皮膚に浸透しやすいタイプと浸透しにくいタイプに分かれます。他に、栄養成分が豊富なものや、粘りの程度などいくつかのオイルから、目的に合ったものを選んで使います。
そしてオイルを体に塗布する時、施術者の手の体温を与えて、じっくりと香りを引き出し、なじませていきます。
精油は揮発成分ですので、激しく揉んだりこすったりするとすぐに香りが飛んでしまいます。そのため、マッサージと呼ばれる場合でも、力加減はかなりマイルドなものです。
この、そっと触れるような微妙な力加減が好まれて、香りは苦手だけどオイルマッサージだけ希望される方もいるそうです。強いマッサージは苦手だけれど、人肌による癒し効果を求める方には向いている施術と言えるでしょう。

格安店から高級店まで、価格差10倍も

アロマテラピーはそもそも、材料となる精油が高価なものです。特に皮膚に使用する時は、化学合成されたものではなく、天然の素材から取り出して、安全性が確認できたものしか使えません。動物性の精油など希少なものでは、1本当たり数万円以上という場合もあるくらいです。
従って、いわゆるマッサージ店などと比べると、費用は高くなります。格安と言われる価格帯でも30分あたり5,000円程度から、有名ブランドの精油を使用し施術者2人以上のサービスをする高級ホテルのサロンなどでは、60分あたり30,000円から50,000円程度と、高額の費用となることがあります。
また、アロマトリートメントサロンはエステティックサロンを兼ねている場合も多く、男性の利用ができる店舗は少ないようです。

からだリフレおすすめ治療院・店舗のご紹介!