からだリフレ
全国の整体・接骨・整骨の施設を
検索・予約できる情報サイト「からだリフレ」
からだリフレ»  よくある症状と治療院»  交通事故後の悩みについて
交通事故の後遺症の残る膝に装具をつける男性

交通事故後の悩み
と治療院

交通事故後の悩みについて

レントゲンを見る先生のイメージ画像

交通事故後の悩みとは、急性期傷害(交通事故直後から一定期間の強い症状)が治ったのにも関わらず、まだ残ってしまっている機能障害などを指します。
主な症状は、むち打ち、頭痛、しびれ、吐き気、腰痛、全身倦怠感などがあります。
他にも、骨折や、靭帯損傷などのおおきな怪我を負い、治療がうまくいかなかった時の痛み、違和感、関節可動域の制限などの症状が現れることもあります。

また、後遺症は、病院にてレントゲン撮影などの画像診断を行ったものの異常が見られないケースが多いため、湿布などが処方されるだけということもあります。
むち打ちなどの原因は、大きな衝撃に対するとっさの構え体制が取れていないために、力学的に弱い首を損傷する方が多いです。
また、受傷後に曲がってしまった頚椎などの脊椎や、損傷した部分がそのままの状態で長い時間放置されたり、適切な処置・治療が行われなかったために起こると言われております。交通事故後は、目立った外傷や、身体の不調がなくとも、後に現れてくるケースがありますので、出来るだけ早く治療院の受診をオススメします。

交通事故後の悩みのケア

整骨院では交通事故にあったことにより身体の一部に痛みなどの症状が出ている場合は無理に動かさず、固定をしてもらえます。
たとえば、交通事故により首が痛いのであればネックカラーの装着。
骨折、靭帯損傷などの大きな怪我であれば、ギプスなどの固定がされます。
その後、痛みや回復度を確認してから、筋肉のこわばりをとるために筋肉をほぐす施術やストレッチ、血行を良くするためにホットパックや低周波治療などの治療を受けられます。
他にも、しっかり身体が支えられない、力が発揮しにくいなど、筋力が弱くなっていると感じた場合は、筋力トレーニングの指導をしてもらえます。

症状にもよりますが、通院期間はおよそ3~6ヶ月程度です。
また、鍼灸院では、筋肉のこわばりがきつい時や、筋肉をほぐす施術やストレッチなどではなかなか改善が見られないときに針治療を受けるとよい場合もあります。
さらに、整体やカイロプラクティックでは、曲がってしまった脊柱を矯正することにより、筋肉のこわばりや、動かしにくいなどの可動域の改善が期待できます。

後遺症はどのような形で現れるか判断が難しく、また、長期間放っておいて症状が固定されてしまうと治療がなかなか進みません。いかに正しい処置を行うかにより、スッキリ改善されるのか、もしくは慢性的になってしまうのかと分かれてしまいますので、いち早く治療院の受診をオススメします。

交通事故にかかるお金

骨折してギプスを巻かれた左足

交通事故は自賠責保険が適応されますので、整骨院・鍼灸院では、交通事故による不調と申し出ることにより0円で受診・治療が出来ます。

ただし、窓口にて交通事故による自賠責保険を使いたいと申し出る必要があります。
また、鍼灸院での治療は、医師の同意がないと保険会社が支払いを拒否することもあります。
場合によっては、一旦立て替えておいて後で請求するケースもありますが、整骨院側が直接保険会社に申請してもらえるケースもありますので、直接問合わせてください。

一旦建て替える場合でも健康保険が適応されますので、初診2,000~5,000円
2回目以降は500~3,000円程です。
整体院やカイロプラクティックは自賠責保険が使えない場合がほとんどです。
また、健康保険適応外ですので、一回に3,000~6,000円程かかります。

あとから痛みが来るわけ

交通事故を起こされた時、痛みも身体の不調も見られなかったのにのちに痛みが出てきたという方は結構いらっしゃると思います。
例えば、交通事故の直後には何もなかったので病院などに行かず、また、行ったけれども症状が出ているところだけ診てもらうというケースがたくさんあります。
しかし、交通事故は、体に大きな衝撃を与えるため、どこかに微弱な損傷が起こっている可能性もあり、直後では気づかない場合があります。また、日々生活することで、微弱ながらも損傷した部分に負担がかかっていき、それが積み重って損傷がどんどん大きくなり、やがて痛みなどに変わります。
このことにより、後遺症は後からやってくると言われております。ですので、交通事故直後になにも損傷がなくても、後から痛みが来ることを考えて速やかに治療院へ行き、また、痛みが少しでも感じられたら悪化する前に治療院の受診をオススメします。

からだリフレおすすめ治療院・店舗のご紹介!