からだリフレ
全国の整体・接骨・整骨の施設を
検索・予約できる情報サイト「からだリフレ」
からだリフレ»  美容や女性の悩みと治療院・店舗»  体や部位の冷えについて
寒さを防ごうと襟を立てる冷え性とおぼしき女性

体や部位の冷え
と治療院

体や部位の冷えの症状

口に両手を当て息を吹きかける女性

空調の効いた部屋にいるのに手足が冷たい。気候の良い季節でも手足はいつも冷たく重く感じる。
全身を巡っている温かい血液が、体の末端にある血管から内臓へ集まってしまうため、手足の先ばかりを冷たく感じるのが特徴です。

体や部位の冷えは体温調節を司る自律神経の乱れにより起こります 自律神経は寒さを感じると、体を温めるため血流を促進するよう命令します。この時、内臓の温度が低下することは生命にかかわるため、末端の血流促進より優先され、血液が手足から内臓に集まってしまうのです。

 
 

体や部位が冷えやすくなる条件

自律神経の体温調節機能が乱れる原因は主にふたつあります。

ひとつは、血行障害をきっかけに自律神経が内臓に血液を戻すよう命令している場合。もうひとつは、自律神経を混乱させてしまう生活習慣が身に着いてしまった場合です。貧血や低血圧の方で体や部位の冷えを感じる方は少なくありません。心臓や腎臓の疾患を含め、血行障害のある方では、内臓を温めることが優先されるために手足の血流が減少し、体や部位の冷えを感じるようになります。

また、ダイエットで摂取カロリーを下げている時も、血液が栄養不足になるため、貧血と同じような状態になります。ストレスや高齢により血行を促すホルモンの働きが衰えている場合も、体や部位の冷えを感じるようになります。このホルモンは、女性ホルモンや甲状腺ホルモンなどがあり、生理周期や出産後、更年期などで起こりやすくなります。
きついガードルやブラジャー、パンプスなどを日常的に着ることも、血行不良を引き起こして体や部位の冷えを招きます。自律神経の体温調節機能を混乱させる生活習慣として、夏場のエアコンがあげられます。体温調節機能が働く時、外が暑ければ汗をかいて体温を下げますが、室内に入った時に冷えていれば、汗で体温を下げたところにさらに内臓に血流を戻す命令が出て、すっかり手足は冷たくなってしまいます。寒さを感じると再び体温調節機能が働いて内臓に血液が集まり、また手足が冷たくなるという悪循環で、自律神経が乱れてしまうのです。

体や部位の冷えに対するケアは、血流を促す対症療法で体調悪化の悪循環を止めることと、自律神経の調整で根本的な原因に働きかけていくことが大切です。血行促進のケアでは、各種マッサージや温熱法に効果が期待できますマッサージに加えて自律神経の調整をしたいなら、指圧や鍼灸を試してみるのも良いでしょう。さらに効果を高めるため、温熱法を併用する治療院もあるようです。

体や部位の冷えが引き起こす問題

体や部位の冷えを感じやすい方は、手足の末端で冷たくなった血液が内臓に戻るため、様々な内臓の不調を引き起こします。

消化器官の血行不良では消化不良、便秘など、生殖器では月経困難症、また、腰痛、肩こり、不眠などが知られています。 貧血や低血圧などの血行不良がある場合は、体や部位の冷えにより症状が悪化する傾向にあります。
「体や部位の冷えだから仕方がない」とあきらめて放置していると、体調の悪化に拍車をかけることになります。 体や部位の冷えに対するケアは、血流を促す対症療法で体調悪化の悪循環を止めることと、自律神経の調整で根本的な原因に働きかけていくことが大切です。 血行促進のケアでは、各種マッサージや温熱法に効果が期待できます。手足や肩を中心に施術するならクイックマッサージで20分2,000円程度から、空き時間を使って手軽に利用できるでしょう。 足を温めながらじっくりケアしたい時はリフレクソロジーなど、全身のケアではアロママッサージやアーユルヴェーダ、タイ古式マッサージなど、それぞれ30分4,000~5,000円程度で受けられるようです。

マッサージに加えて自律神経の調整をしたいなら、指圧や鍼灸を試してみるのも良いでしょう。さらに効果を高めるため、温熱法を併用する治療院もあるようです。指圧や鍼灸の治療では30分3,000円程度ですが、温熱法を組み合わせると時間も長くなり、若干費用が高くなる傾向です。

からだリフレおすすめ治療院・店舗のご紹介!